2009年10月30日

2009年のドラフトの結果を受けて、5位指名でも名球会入りした山本昌さんの「133キロ怪速球〜正しい努力とは観察力」を紹介

だから藤川俊介君、指名順位なんてそんなの関係ない

長野みたいにどうしても巨人でじゃなきゃダメというわけでもなさそうだし、指名されたときが旬。内定した会社との約束もあるんでしょうけど、同じ5位指名だった山本昌さんだって、日大進学が内定していたのをプロ入りしたわけだしね。他の方の見解はこちらから
↓↓↓↓↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogram投票ボタン(Ser.4381)

ということで、今回はドラフト5位指名でも名球会入りした山本昌さんの本を紹介するわけですが、その前に昨日のドラフト会議の件を簡単におさらいします。→会場にいた方のレポ
野球2009年10月29日 2009年度ドラフト会議にて二神投手ら6選手を指名(阪神タイガース公式)
 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト)会議が、29日東京都内のホテルで行なわれ、阪神タイガースは二神一人投手(法政大)ら6選手を指名しました。また引き続き行なわれた育成選手選択会議において2選手を指名しました。
 阪神タイガースは第1巡目指名で、最初に菊池雄星投手(花巻東高)を指名しましたが、6球団による重複指名により抽選の結果、埼玉西武が交渉権を獲得し、次に法政大の二神一人投手を第1巡目指名選手として、その交渉権を獲得しました。

菊池投手を外したのは残念でしたけど、一番最初にクジを引いたナベQが当たりでは仕方ありませんね。敵に回したら嫌だったけど、パ・リーグなら交流戦か日本シリーズでしか対戦しないしね。

その代わりに、
【第1巡目指名選手】
二神 一人 (ふたがみ かずひと)
法政大学 投手
右投右打 183cm 85kg
1987年6月3日生 22歳

【第2巡目指名選手】
藤原 正典 (ふじはら まさのり)
立命館大学 投手
左投左打 181cm 80s
1988年1月14日生 21歳

って、菊池投手が当たっては取れなかったであろう実力者を2人取れたので、合格点だと思いますよ。
ここまで外れ続けたのなら、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:31 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(5) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。