2009年09月01日

野村主義 勝利への執着力

(Ser.4308)
昨日の千葉ロッテ対東北楽天戦@千葉マリンは、雨天中止でした
また、今日から楽天野球団主催ゲームでもジェット風船が自粛になります
さらに、楽天の次期監督に東尾氏決定!とどっかの新聞の一面にも載っているようでありますが、それらの詳細は
 ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓ 
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン←こちらを参照してもらうとして、楽天つながりで既に読了して書きためておいた現監督の本の感想文を・・・
本野村克也「野村主義 勝利への執着力」(小学館)
ベンチで死にたい―プロ野球生活55年の集大成。

WBC優勝で野球人気が盛り上がっているが、何かにつけコメントを求められ話題がつきない野村監督。これまで東北楽天で「育てる野球」をせざるを得なかった野村監督だが、今期を最後に楽天監督を退く可能性があり、悲願の楽天優勝のため「今期は勝利にこだわる野球をする」と意気込む。そこで選手、チームに求めるものはなにか。またチーム全員に勝利への執着力をいかに持続させるのか。そのために監督はいかにあるべきか。いわばこの本は野村野球の神髄であり、プロ野球生活55年の集大成でもある。今年も野村監督の言動から目を離せない。

要旨
『野村ノート』『エースの品格』に続く野村哲学の集大成。なぜ「野村克也」は刮目されるのか。

[目次]
第1章 勝利へのこだわり
第2章 人生「現役」へのこだわり
第3章 監督・指導者へのこだわり
第4章 継孫することへのこだわり
第5章 “中心”へのこだわり
第6章 生き方へのこだわり
第7章 楽天イーグルスへのこだわり
終章

■おすすめコメント 
今期を最後に楽天監督を去る野村氏、それだけに「今年は勝利にこだわる野球をする」と語る。そこで選手、チームに勝利への執着力をどのように持たせるのか。監督はどうあるべきか。いわば野村野球の神髄、集大成だ。

ノムさんの本は何冊も読んでいて、当ブログでも何回も取り上げているので、毎回同じことの繰り返しになりますが、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:20 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。