2009年08月04日

谷川一巳「地下鉄の謎と不思議」

この本の感想文は、先週甲子園の阪神戦が雨天中止になった場合の代替エントリーとして用意していたものですが、結局中止はなかったのでこの段階でUPします。今日からのナゴド3連戦は雨天中止はないですしね。
banner_21.gifブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン(Ser.4265)
本谷川一巳「地下鉄の謎と不思議」(東京堂出版)
「地下鉄王国」日本を走る全路線を紹介!

昭和初期に開業した東京メトロ銀座線から、
最新リニアモーター方式の鉄道まで
日本の地下鉄を路線ごとに紹介。
日本の地下鉄の章では、項目を開通順に並べ、
歴史的経緯そして現在走る車両まで、
多角的につかめる構成にしています。
後半では、海外の地下鉄についても紹介しています。

本書 P.219
「実は、ソウルの地下鉄は東京同様に2社が運行している。(中略)運賃は一本化されている。(中略)」
石原さん、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 18:00 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日下公人著・日本人の「覚悟」

赤星選手登録抹消ということは、精密検査の結果等のケガの詳細な情報は入ってませんが、少なくとも10日間は試合に出られない状態だと、首脳陣が判断したんでしょうね。
さらに詳しいことはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogram投票ボタン(Ser.4264)
さて、今回の本題は読書感想文なんですが。
本日下公人著・日本人の「覚悟」〜「芯」を抜かれた人は退場せよ! (祥伝社)

「新しい戦争」を勝ち抜くために!
――日本の「技術」と「精神」が、これからの世界を決める

今こそ「道徳」に裏打ちされた覚悟が必要だ(本書の内容)
■「知」が先走ると「覚悟」がなくなる
■「今がその時」を忘れ、問題の先送りをするようになった日本人
■昔の子どもは教科書で「思想戦」の準備をしていた
■「生産性の時代」から「消費性の時代」になった
■日本は国際会議を主導せよ
■「救国の外交」を実行できるリーダーの条件

内容紹介(by Amazon)
これから「新しい戦争」が始まる。「新しい戦争」とは「宗教」「文化」「資源」「食糧」「金融」などを対立軸とする。しかし最終的には「道徳戦争」「思想戦争」となるだろう。アメリカの金融崩壊は道徳崩壊に他ならなかった。
アメリカの一局支配が終わり、流動化する世界での「新しい戦争」は「国家間戦争」でありながら「価値観別の戦争」でもある。日本がそれに勝ち抜くためにはどうしたらよいのか。
著者は「日本は国としての自覚を持つべきである」「日本人は覚悟を決めるべき最終地点に来ている」と説く。昔から戦いの雌雄を決するのは、死をも恐れぬ「覚悟」だった。「新しい戦争」に「技術」が武器になることは言うまでもない。だが技術の奥には「精神」がなければならない。その完成した姿に対して日本では「徳」という言葉を与えた。道徳に裏打ちされた覚悟、すなわち日本人の「芯」を日本人は取り戻すべきである。本書では、
1.日本人の「覚悟」と「芯」とは何か。それはいかに醸成されたか。
2.なぜ、かつての日本人が持っていた「覚悟」は失われたのか。
3.「新しい戦争」に勝つために、いかに日本人の「覚悟」を発揮すべきか。
――を軸に、未来予測を踏まえつつ著者が提言する

例によって、日下節満載です。
日下節というのは続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 00:04 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。