2009年06月26日

プロ野球 残侠伝 サムライ達のいる風景

本日からプロ野球公式戦が再開しますが、メインに取り上げる予定の阪神−横浜戦は3試合ともナイターなので、翌朝更新にします。
なので、今回は既に読んだ本の紹介です。
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン
澤宮 優プロ野球残侠伝―サムライ達のいる風景」 (パロル舎)
監督が「左向け」と言えば右を向く。
それだけじゃつまらんから上を向く。下も向く。
それがプロの集団、プロ野球やと思っていた。
今はサムライを必要としない時代。
でも、いつか個性的で野性味に溢れた人が
好まれる時代がきっとくる(江夏豊)

張本、長嶋、王、江夏……。かつて日本のプロ野球界には、数多くのスター選手が存在した。
それはスターでありながらも、サムライ然とした個性豊かな男達であり、ファンはその一球一打に熱狂した時代であった。
時は移り、現在の日本プロ野球。
人気低迷が囁かれるいま、新しい野球の魅力を模索する時代がやってきた。
本書を読めば、郷愁とともに新しい野球の見方も見えてくる。

最近の野球選手は、おしなべて優等生化して、面白みがなくなった。
とはよく言われるようですけどね。
それでも、中田 翔あたりには古き時代の野球選手の匂いを感じるんですが。。。続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。