2009年06月24日

清水 満「王貞治 一徹の流儀」

セ・パ交流戦のMVPはじめ表彰選手の発表もJリーグの試合もこれからなので、今朝はすでに読んだ野球関連本の紹介をします。
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン
清水 満王貞治 一徹の流儀」(扶桑社
30年来の付き合いのある記者が
王さんの振り見て人生を見直した!
----------------------------------
王さんと初対面後、プロゴルファーの石川遼は「人生のお手本を見つけた気持ちになりました」と感激した。誠実、ぶれない言動、律儀、懐の深さ、気遣い…そんな流儀がいっぱい。

<目次>
第1章 WBC
第2章 ライバル
第3章 才能と努力
第4章 王家の絆
第5章 ポジティブ
第6章 素顔
第7章 ジャイアンツを乗り越えて
エピローグ 偉大な選手と接して

著者は王さん本人を前にして、長嶋さんの方がいいとかなんとか、結構やらかしてますが、それでも王さんは不快感はさりげなく示しながらも、結局は許してもらってますね。
⇒俺だってあこがれの存在はあったさ

ありきたりなセリフですが、王さんの人としての大きさを感じさせる本です。続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。